どうして関節痛になるのか?

医師以外の人が関節の痛みの原因を正確に知ることはなかなか難しいのですが、場合によってはその症状から判断することも可能です。そこで自分達の身体についてよく理解して、関節痛が起こる原因について知る必要があるのです。

 

まずは関節の軟骨がこの関節痛と深い関わりをもつので、この軟骨について理解するようにしましょう。
骨と骨の間にあるのが軟骨と呼ばれる部分で、この軟骨があるから骨同士が直接ぶつかることなしに、膝を動かすことができます。つまり関節のクッション役をひきうけているが軟骨です。

 

しかしこの関節の軟骨がすり減ると、直接骨同士がぶつかることになります。つまりこれが原因で炎症となり痛みがでてくるのです。こうして加齢による関節痛がはじまるのです。

 

関節痛の加齢以外の原因ではスポーツが原因で膝の軟骨がすり減る場合もあります。つまりスポーツ選手と関節痛は切っても切れない縁があり、職業病とも言えるほどです。このように関節痛にならないためには、激しい運動を避ける必要もあります。

 

直接痛みの治療にはなりませんが、関節や関節痛がおこる原因を知ることで、どんな対処をすれば良いのかがわかるようになります。

 

さて関節が痛いと動くのを極力控える方がいますが、これはかえって逆効果です。
関節痛には適度な運動も大切です。

 

このように関節痛に関しての情報を得ることで、実際に関節に痛みが出てきても落ち着いて対処することが可能で、さらに関節痛の改善にも役立つことになります。


更新履歴